本文へジャンプ

プロジェクター

専用アプリ「パソコン用アプリケーションソフト」

Projector Quick Connection

Projector Quick Connection
Projector Quick Connection (無料)をインストールしたスマートフォン、タブレット端末を使ってマクセル製プロジェクターを遠隔操作することができます。さらに写真やプレゼン資料を最大4台まで同時に出力することができます。

Projector Quick Connection の詳細については こちら をご覧ください。

写真やドキュメント、Webページの投写

Projector Quick Connectionの「Contents」タブから、写真やドキュメント、Webページを、マクセル製プロジェクターへ投写することができます。※ 動画には対応していません。

写真やドキュメント、Webページの投写

カメラ機能

カメラ機能

カメラ機能は実物投影機の代わりに、本や物をアプリのカメラ機能で撮り、その情報をプロジェクターへ投写できます。


マーカー機能

マーカー機能

コンテンツ(ドキュメント、写真、Webページ、カメラ)上に指で描画し、その画面をプロジェクターの大画面で投写することができます。


プロジェクターの状態をモニタリング

プロジェクターの状態をモニタリング

マクセル製プロジェクターの電源状態やランプ使用時間などの情報を確認することができます。また、プロジェクターに異常が生じた時に、エラー情報をスマートフォン、タブレット端末の画面上に表示することができます。


プロジェクター本体のリモートコントロール

スマートフォン、タブレット端末を使って快適にプロジェクターの操作ができるので、スムーズなプレゼンテーションを行うことができます。またリモートコントロールは、ドキュメント/ピクチャー/Webページの投写時でも利用できます。

リモート操作できる機能
・点灯/消灯 ・入力切替 ・音量調整・消音 ・ブランク ・静止

プロジェクター本体のリモートコントロール

iCloudへのダウンロード・アップロード(iPad/iPhoneのみ)

Projector Quick Connectionのドキュメントタブに保存されているドキュメントは自動でiCloudにアップロードされ、同じiCloudのアカウントを使うiPadやiPhoneから同じデータを見ることができます。

iCloudへのダウンロード・アップロード(iPad/iPhoneのみ)

表示モード

Projector Quick Connectionの表示モードは、画面を4分割して最大4台までのパソコンやスマートフォン、タブレット端末の画面を同時に投写できます。

表示モード

対応OS、対応機種の詳細についてはこちらをご覧ください。

2ページ中2ページ

プロジェクターを無線LAN接続するにはUSBワイヤレスアダプター「USB-WL-11N」(別売)または「USB-WL-5G」(別売)が必要です。
ネットワーク環境によっては正常に通信できない場合があります。ご使用予定のネットワーク環境等で事前評価を行った上での導入を推奨いたします。
掲載の画像や機能説明写真・イラストは、効果を分かりやすく表現したイメージで、実際の映像とは異なります。
iPad、iPhoneは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
iCloudは米国および他の国々で登録されたApple Inc.のサービスマークです。
「Android™」および「Android™ロゴ」はGoogle Inc.の登録商標です。
その他の会社名および製品名も各社の商標・登録商標です。