プロジェクター

本ソフトウェアは Projector Data Cloning Application for Windows 10 ソフトウェアです。下のソフトウェア使用許諾契約書に同意していただくと、ソフトウェアがダウンロードできます。

ソフトウェア使用許諾契約書

マクセル株式会社

お客様へのお願い

下記「ソフトウェア使用許諾契約書」(以下「本契約」といいます)を必ずお読みください。
お客様が本ソフトウェアをダウンロードまたは末尾の「同意する」のボタンを押された場合、お客様は、本契約の条件に同意したものとみなされます。また、お客様が本契約の条件に同意されない場合は、「同意しない」のボタンを押してください。この場合、本ソフトウェアをご使用になれません。

第1条 使用許諾

お客様は、本契約への同意を前提に本ソフトウェアを使用することができます。

第2条 知的財産権の帰属

1.
本ソフトウェアの著作権およびその他すべての知的財産権は、マクセル株式会社(以下「弊社」といいます)または弊社のライセンサーに帰属します。
2.
本契約に明示的に定める場合を除き、弊社および弊社のライセンサーのいかなる知的財産権も、明示または黙示を問わず、お客様に譲渡または許諾されるものではありません。

第3条 使用の制限

お客様は、次の行為を行ってはなりません。
(1) 本ソフトウェアをバックアップの目的以外で複製すること
(2) 本ソフトウェアを再使用許諾、貸与又はリースすること
(3) 本ソフトウェアをリバースエンジニア、逆コンパイル、逆アセンブルすること
(4) 本ソフトウェアを修正、改変、翻訳すること

第4条 サポート

本ソフトウェアはフリーソフトのため、弊社は、一切のサポートを行わず、またその義務を負いません。

第5条 非保証

本ソフトウェアは、現状のままの状態で使用許諾されます。弊社は、本ソフトウェアに関して、商品性および特定の目的への適合性または第三者の権利を侵害していないことを含め、いかなる保証も行いません。

第6条 免責

1.
弊社は、いかなる場合においても、本ソフトウェアに係わることから生ずるいかなる損害(事業利益の損失、事業の中断、事業情報の損失又はその他金銭的損害を含むがこれらに限定されない)に関して、一切責任を負わないものとします。たとえ、弊社がその可能性について知らされていた場合も同様です。
2.
弊社は、本ソフトウェアの使用に起因または関連してお客様と第三者との間に生じるいかなる紛争についても、一切責任を負わないものとします。
3.
お客様が消費者契約法に定める消費者に該当する場合、本条は適用されないものとし、この場合、お客様に発生した損害が弊社の債務不履行または不法行為に基づくときは、弊社はお客様が直接被った損害を上限として損害賠償責任を負うものとします。ただし、弊社の故意または重過失に基づくときは、当該上限は適用せず適用される法令の範囲で損害賠償責任を負うものとします。

第7条 契約の開始

本契約は、お客様が本ソフトウェアをダウンロードしたときから有効になります。

第8条 契約の解除

お客様が本契約に違反した場合、弊社は、本契約を直ちに解除することができます。
その場合、お客様は、本ソフトウェアを一切使用できないものとします。

第9条 輸出管理に関する制限について

お客様は、本ソフトウェア及び本ソフトウェアを用いた製品を、国際平和及び安全の妨げとなる使用目的を有するものに提供する、またはそのような目的に自ら使用することはできません。
なお、輸出等される場合には、外国為替および外国貿易法の規制ならびに米国輸出管理規則および当該国の輸出関連法規をご確認の上、必要な手続きをお取りください。

第10条 ダウンロード

お客様が日本国外からウェブサイトにアクセスした場合、本ソフトウェアをダウンロードできない場合があります。

第11条 準拠法

本契約の抵触法の規定にかかわらず、本契約は日本法に準拠し、日本法によって解釈されるものとします。

第12条 仲裁

本契約から生じた、または本契約に関連して生じたすべての紛争、論争または意見の相違は、最終的に一般社団法人日本商事仲裁協会の商事仲裁規則に従って仲裁により解決されるものとします。仲裁地は東京とします。